金利が安い自動車ローン特集!

会社員や自営業など平日の日中に忙しい人は、自動車ローンの申し込みで銀行窓口に行くのが大変です。

 

最近の大手銀行や地方銀行ではインターネットから WEB 申し込めるようになっていて、20時間365日いつでも自動車ローンが申し込みできます。

 

おすすめの自動車ローンは、 WEB 申し込みが可能で全国対応の大手地銀自動車ローンです。

 

具体的な銀行名で言うと、静岡銀行や関西アーバン銀行・常陽銀行などの地方銀行です。

 

下限金利が2%台と低金利で貸し付けを行っていて、借入期間や借入金額も大手都銀と比較して遜色ありません。

 

仮審査や事前審査が可能な自動車ローンも登場していて、希望通りの金額が借り入れできるか簡単に分かるようになっています。

 

 

金融機関によっては繰上返済手数料が無料という場合があります。

 

車購入後に懐具合によって繰上返済をしたい場合に、手数料が掛かってしまってはせっかくの繰上げ返済が台無しです。

 

このように金利比較で選ぶだけでなく、借り入れ後に発生する可能性がある諸費用についても確認して比較することをおすすめします。

 

当初の金利設定が安いローンの場合、保証料が別途必要になったり、繰り上げ返済の手数料が発生したりする場合があります。

 

金利だけで返済シミュレーションを試算していては、結果的に総返済額が多い自動車ローンを選んでしまうかもしれません。

 

全体の支払い額がいくらになるのかはもちろん、借り入れ後の繰上げ返済も視野に入れてローン選びを行いましょう。

 

 

欲しい車をすぐに買いたいということで、手続きが簡単な消費者金融フリーローンでお金を借りようと考える人もいるようです。

 

しかし、借入しやすい反面、金利が高く返済額がかなり増えてしまうことになります。

 

また、消費者金融のフリーローンでは、初めて利用する場合200,000円程度までしか借り入れすることができません。

 

その場合金利は下限金利ではなく、上限金利が適用されるケースが大半です。

 

借入金額も足りないし金利も高くなるので、自動車を購入する場合にお金を借りる金融機関としては不向きと言えます。

 

審査が厳しくなり審査時間も長くなりますが、金利を安くし返済額を少なくするためには銀行系自動車ローンを利用することをおすすめします。